2009年01月31日

じゃじゃーん

090131.jpg

ツバメです!こんな風になってます。
journeyブログでご覧の方も多いと思いますが、カウンターができて喫茶らしくなりました♪1人で行ってもカウンターでゆっくりできそうです。
オープンが待ち遠しいですね〜。
オープン日は2月11日(水・祝)です!本来定休日ですが特別営業です。オープン日は私も手伝いにかけつける予定です。
明日はツバメの看板製作に取り掛かりたいと思います。


ツバメリフォームを見たあと、新しくできたチェーン店の回転すし「Kら寿司」に夜ごはんを食べに。
6時前だったのに、もう長蛇の列・・・。待ちもデジタルに管理されています。オートメーションです。注文はタッチパネル式です。カウンターの中の人に恐る恐る声をかけることもなく、ノーストレスで注文できます。が、しかし、私たちが通された席が、回転の最後ごろの場所だったため、出てくるのにやたら時間がかかる!ノーストレスのはずが、なかなか食べれないのでストレスが・・・。みんな注文で頼むため、普通にまわっている寿司は若干海苔しおれぎみ。なので頼むしかありません。そして、全品105円なので、お寿司ちょいと小さめ。
まあなんとかお腹いっぱいになり、母とともに「やっぱりB寿司(いつも行くところ)のほうがいいね〜。今度からはやっぱりB寿司だわ。」と言い合いながら帰路に着きました。
あ、念のため・・味はおいしかったですよ。



さて、アガポ勝手に連動企画 旅本紹介です。
ぐるぐるプサン
『ぐるぐるプサン』
博多ガクガク堂

韓国にはまってからしばらく、韓国関連の旅本を読みまくっていたのですが、その中で印象に残ったのがこれです。
ソウルを紹介した本が多い中、釜山に的をしぼって書かれた本です。
著者の博多ガクガク堂さんというのが、福岡在住の釜山好きの人たち何人かが集まったグループのようです。福岡からだと釜山までは船であっという間らしいです。服を買うにも釜山に行くくらいの釜山好きで、マニアックにおいしい店などが紹介してあります。
サークル的なノリで作られたっぽい本なので、ガイドブックとして期待するというより、釜山ってこんなに楽しいところなんだ〜!と気楽な気持ちで見ると良い本だと思います。
これを見たら実際釜山に行きたくなりました。ソウル以外の韓国を知りたい人にオススメです。
posted by さつこ at 21:49| 島根 ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

大失態。。

自分の部屋のテレビが壊れたので、先週電気屋さんに来てもらったところ、「部品を変えないといけないけど、週末はメーカーが休みなので早くても来週の水曜日ごろになる」と言われました。
ところが今日仕事を終えて家に帰ってくると、電気屋さんの車が。早くも直しに来てくれたのです。なんという対応の早さ。・・・早さはいいんだけど、修理を終えて帰られる時に私は気付きました。たたんだ洗濯物がそのままにしてあることに!!!あまりにも恥ずかしくて母に泣きついたけど、「そんなもん見てないわね」と言われました。たとえ見てなかったとしても恥ずかしい・・・。その上、来られると思ってないから部屋も散らかっていてやぶれかぶれです。。
まあテレビが直ったからよしとしよう。

アガポ勝手に連動企画の旅本紹介
仕事が忙しいあなたのための週末海外!―サンデートラベラーの旅行&仕事術
『仕事が忙しいあなたのための週末海外
サンデートラベラーの旅行&仕事術" 』
吉田 友和

その名の通り、仕事が休みの週末を利用して海外に行こう!という無謀であり、楽しくもある本。
筆者は「してみたい!世界一周」という、新婚旅行で世界一周した記録を綴った本も出していて、そちらもおもしろいのですが、これは、その後就職した筆者が、それでも海外に行きたいというのでいろいろと工夫して世界各国に出かけています。まあこれは首都圏に住んでいる人にしか通用しないとは思いますが、週末だけでもこれだけ行けちゃうんだ!という希望を持つことはできます。
週末と祝日を利用した連休の取り方や、会社とのうまいつきあい方なども指南してあるので、実際に週末に海外に行ってみたい人には役立つ内容です。
結婚している筆者が、奥さんだけでなく、友達や1人で、気ままに旅に出ているのが、なんとも自由な感じでいいな〜と思います。奥さんも同じく旅好きの人だからこそできるのでしょうね。
私も週末を利用して韓国くらいは行きたいものです。
posted by さつこ at 21:57| 島根 ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

ツバメ

昨日journeyの日記でもお知らせがありましたが、なんとなんと!journey2階に、喫茶室ツバメがオープンします!!
月一ではなく、毎日です。月一のツバメはみえちゃんと二人でやっていましたが、毎日のツバメはみえちゃん1人での営業です。ランチやお茶のできるこぢんまりとしたかわいい空間になりそうです♪楽しみ楽しみ♪♪
それとは別に、月一のツバメはスペシャルツバメとして、二人で今までどおり2時〜23時にオープンしますのでどうぞよろしくです〜。
来週から改装がはじまるみたいです。journey店主の日記に注目ですよ〜。オープン日や月一ツバメの日にちは、決まり次第お知らせしますね♪


アガポ勝手に連動企画の旅本紹介
てづくりのヨーロッパ旅行―9か国絵日記
『てづくりのヨーロッパ旅行―9か国絵日記』
すげさわかよ

すべて手描きのイラストと文字で構成されたヨーロッパ旅行記。
ドイツに行った直後に読んだので、あ〜!ここ行った!とか思い出しながら楽しく読みました。
すげさわさんが実際に行った国のことが、おいしいものや、泊まったホテルのこと、かわいいお土産などなど、かなり詳しく描かれていてガイドブックとしてもいいし、たまにぱらっと眺めるだけでも絵がかわいくて楽しめます。いつかこんな風に電車に乗ってヨーロッパを周遊したいです。
字も絵もとても丁寧で読みやすく、これだけの内容をまとめてあって、プロのイラストレーターさんてすごい!!と別の面でも感動した一冊です。
posted by さつこ at 22:15| 島根 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

テレビっ子再び

今日は普通の日記です。

新しいドラマが始まって、今回はおもしろそうなのがいくつかあります!前回は結局ひとつも見なかったのです(「夢をかなえるゾウ」も途中で挫折・・)。これじゃテレビっ子の名がすたるってもんです。
今回は「トライアングル」「キイナ」「メイちゃんの執事」がなかなか良い感じです。「メイちゃんの執事」はばかばかしい設定なんだけど、漫画だと思えばなかなか楽しめます。それに水嶋ヒロさんがやっぱり素敵。というか漫画っぽい顔だな〜と思います。
寒いので夜はこたつでドラマを見て楽しみたいと思います。
韓ドラの方は、今年になって元祖韓流「冬のソナタ」を興味本位で見始めたのですが、最初結構おもしろくて、あら、ばかにしてたけどなかなかのもんだな・・と思って、毎日仕事後の楽しみにしていたのです。が、だんだんと中だるみでおもしろみが減ってきて、見るのをやめてしまいました。最終回ぐらいは見ようかな。。やはりある程度新しくて(といっても冬ソナもそんなに昔ってわけじゃないのですが)、好きな俳優さんがでていて、明るい話の方が好みのようです。ヨン様はどう考えても好みではないなぁ。でも好きな方もたくさんおられると思うのでこんな感想でごめんなさい。



さてさて、アガポ勝手に連動企画の旅本紹介です。

地球の歩き方 ガイドブック A25 中欧 2006~2007年版 (地球の歩き方ガイドブック)
「地球の歩き方 中欧」

地球の歩き方といえば、海外旅行の必需品ですが、私は読み物として楽しんでいます。その国に関する雑学がたくさん載っていて飽きないです。
特に、最近読んだ中欧は、チェコ、ポーランドをはじめ、スロベニア、クロアチア、セルビア・モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、マケドニア、アルバニアなどの日本人にとってなじみの薄い国も紹介されていて興味深いです。
各国の簡単な挨拶などの言葉はこんな本でも見ない限り知る機会がありません。知ったからといってなんだという感じですが、いろんな言葉があるな〜、へ〜と単純に楽しめます。
料理も写真つきで各国載っていて、料理がおいしそ〜とか、まずそ〜とか勝手に批評しながら見ています。やはり料理ははずせません。
他にも、あこがれの国、の地球の歩き方を見ながら、いつの日か旅行する日のことをあれこれ想像して楽しめるので、今すぐ旅に行く予定がなくてもおすすめです。
でも、基本的に写真はあまり素敵ではない(すみません)ので、写真を見て気分を盛り上げたい場合は、「るるぶ」などをおすすめします。
posted by さつこ at 22:38| 島根 ☁| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

神野さんはぴったりだけど。

連続更新です。

先週の土曜日、映画「プライド」を見に出雲に行ってきました。これは一条ゆかりさんの漫画「プライド」を映画化したものです。映画化すると知ってからずっと見たいと思っていました。が、オペラはどうするんだろう・・・と心配していました。
全体の感想は、うーん・・普通、というかつっこみどころが多すぎてなんともいえず。単純に楽しめることは楽しめるんだけど、漫画を読んでないとたぶん全然わからないであろうストーリー展開。
ミッチー演じる神野さんと、萌さんはぴったりでした。蘭ちゃんは女装してクラブでピアノを弾く役なんだけど、あまりにも女装が・・・・・。

でも、見たかった映画なので見て満足しました。
心配なのは、この新しくできた映画館が今後存続していけるかどうかです。人口の少ない山陰にこんな巨大な映画館を作って大丈夫なのかしら。現に私たちはたった3人で「プライド」を鑑賞しました。なんと贅沢な。
あ、オペラはたぶん吹き替えでした。
posted by さつこ at 22:29| 島根 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京旅日記 その3

2日目です。

朝ごはんはホテルでバイキング・・・といってもかなり質素なものです。まあ、安いからしょうがないか。
でもちゃんとパンが何種類かと、おにぎりと味噌汁、コーヒーなどなどあります。そしてパンは毎日違う種類でした!食堂に集まった面々は、ビジネスマンをはじめ、たぶんNHK杯を見に来たであろう女性たちでした。

腹ごしらえが終わり、今日はいろいろまわる予定なので早々に出発です。
まずは学芸大学に新しくできたいがらしろみさんの焼き菓子のお店「Maison romi-unie」へ。お店が11時からで、少々早く着きすぎたのですが、店の周辺には、雑貨とカフェが好きであろう風貌の女子たちが開店を待っていました。それにしてもまだ早すぎたので、近くのスタバでコーヒーを飲みながら待つことに。待つこと30分、満を持してお店に行くと、すでにお店はにぎわっていました。
CafeSweetsの本で見ていたとおり、かわいらしいショーケースの中にパウンドケーキやクッキーがならんでいました。あぁ〜、全部ほしいけど、ほしいけど・・・ちょっと高い。。しばしジャムを見ながら悩むことに。ロミユニコンフィチュールのジャムもいっぱいです。鎌倉に行かなくても買えるのはうれしい♪東京も充分遠いけど・・。家のぶんとおばあちゃんへのおみやげを選んで、いざ焼き菓子コーナーへ。パウンドケーキは量り売りで、かたまりを切ってもらうので「端をご希望の方はお申し付けください」というようなことが書いてあったのですが、お店の方に「切ってあるのでいいですか」と言われると、端がいいとは言い出せず。。
あ、ろみさんもおられました!!憧れのろみさんを前にドキドキ。別に話したわけじゃないけど・・。
何はともあれ買い物を終え、興奮状態で店をあとにしました。

081129_3.jpg
こんなお店です。


さて次です。
同じ学芸大学にある、「バーデンバーデン」といういろいろな作家さんのものを扱っている、ずっと行ってみたかったお店に向かいます。でもここは12時からのオープンなので、またもや待つことに。店は住宅街の中にあったので、店の前で待つのも怪しいな・・と思い、その辺をぶらぶら。かなりぶらぶらしてようやく時間に。
本当に普通の家がお店になったような感じで、台所にもディスプレイしてあるのがおもしろかったです。しかもセンス良く!!
ハイクオリティな雑貨たちを見て勉強になりました。ううむ・・私ももっとがんばらねば。そしてフェルトでできたツバメの人形(?)を購入。喫茶の時に飾ったらかわいかろう♪
ほくほくで店を後にし、持ってきたエコバッグにツバメをしまい、うきうきと駅に向かい歩いていました。そしてホームに立ったとき、エコバッグを持っていないことに気付き、蒼白になりました。せっかく買ったツバメが!!(しかもその小ささにしては高かった!!)走って元来た道を戻りました。すると、おじさんが私のバッグを持ってさっそうと歩いているではありませんか!あわてて「それ私のです」と声をかけ、無事私のもとに戻ってきました。あぁ良かった。しかし、ツバメはふんずけられたらしく、口に付いていた輪っかがぺたんこにつぶれていました・・。がーーーん。まあ戻って来たのでよしとしましょう。

気を取り直し、次は代官山へ。
以前友達と行ったタルトやさん「キルフェボン」に、姉を連れて行きたかった・・のと、私がもう一度食べたかったのです。
フルーツのたっぷりのった色とりどりのタルトが並んだショーケースは夢のようです。前に姉と銀座のキルフェボンに行こうとしたら、長蛇の列であきらめたので、今回は開店直後に行こうと意気込んでいました。予定通り開店ちょっと後についたのですが、なんともうほぼ満席。すごひ・・。
それでも無事、おいしいタルトにありつけました。私はりんごのタルト、姉は赤い実のタルトを食べました。どちらも本当にほっぺたがおちそうなほどおいしかったです。もうひとつぐらい食べられそうです。

満足して、キルフェボンに程近い、「cocca」という布のお店に向かいました。ネットで検索していたら偶然見付けたお店です。オリジナルの布を作っているということで、どんな感じかなと思っていたけど、行ってみるとすごく雰囲気の良いお店でした。
オリジナルで作っている布はどれも素敵で、いっぱい欲しいのがあったけど、お高いので、ひとつだけ自分のかばんを作ろうと購入しました。他にもアンティークの手芸材料や、オリジナルの布で作った製品、作家物が並べてありました。偶然にも、さっきバーデンバーデンで買ったツバメの作家さんのものがここにも置いてありました。有名な方なのかしら。
次東京に来たらぜひまた行きたいお店です♪


怒涛の店めぐりが終わり、NHK杯の会場へ急ぎます。



つづく
posted by さつこ at 22:17| 島根 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

東京旅日記 その2

081129_2.jpg

秋(冬?)晴れです。
会場の代々木第一体育館へと歩きます。同じように会場に向かう人々がたくさん。会場前の屋台に心惹かれつつ会場内へ。

081129_1.jpg

本日の競技内容は
・氷上オープニングセレモニー
・アイスダンス(コンパルソリー)
・ペア(ショートプログラム)
・男子シングル(ショートプログラム)
・女子シングル(ショートプログラム)
・アイスダンス(オリジナルダンス)
と超盛りだくさん。
そして座席はB席。ものすごくリンクから遠いと思っていたけど、意外とちゃんと見えます。全体が見渡せていいのかも。

まず、アイスダンスの最初の方で早くも眠気が・・!?
フィギュアは好きだけど、あまり知らない選手や下位の選手の時は結構眠くなるのです。。
というわけでちょっとだけ昼寝して復活しました。
コンパルソリーダンスはよくわからないけど、上位の選手が上手いということだけはわかりました。今回はあまり知ってる選手も出ないのでいまひとつ盛りあがっていませんでした。(私が)
そしてペアになり、また眠気がきて、二度目の昼寝・・。
そしてやっとこさ男子シングル。本当なら大ちゃんが出てたはずなのに・・とちょっとうつうつした気分に。
でも気を取り直し、真面目に観戦。無良君が良かった・・と思います。なんせ1ヶ月以上前のことなので記憶があいまいなのです。

前半戦終了。待ちに待ったごはんタイムです!!
散々悩んで買ったお弁当をもってロビーに行くも、人々でごった返していました。しばらく待ってなんとか食べられたのですが、実は整氷中は座席で食べてもよかったという・・。がーん。

腹ごしらえして、後半戦へ。
世間的にはメインだと思われる女子シングルです。私的にも大ちゃんがでないため、今回は女子がメインです。なんせ真央ちゃん、中野さん、鈴木さん、長洲未来ちゃんという豪華メンバー。
今でも印象に残ってるのは、真央ちゃんの人気がものすごいということと、生で見る鈴木さんの演技がすばらしかったということです(ジャンプは惜しかった!!)。
あぁ、もっと早く日記を書いていれば、詳しい内容が書けたのに・・・。こんな内容の薄い旅日記ですんません。。

だんだん疲れが出てきた9時ごろ、ようやく最後の競技アイスダンスのオリジナルダンスが始まりました。女子が終わって帰ってしまった人も大勢いたのですが、オリジナルダンスがおもしろかったのです!
テーマが、1920-40年代のリズムというので、それにあわせた衣装がかわいいのです♪中でも、水兵さんの衣装が一番好きでした。シングルではキラキラスパンコール系が多いので、こういう普通の服っぽい衣装は新鮮です。アイスダンスは衣装もみんな凝っていて、しかもみなさんきらびやかな雰囲気を放っておられるので、見ているだけで楽しいです。

そして10時ごろ、ようやく競技終了。本当によく見ました。そしてさすがに疲れました。でも明日もまだまだ観戦です♪

ホテルに戻り、今日の感想など語り合い、就寝。
明日の競技は2時すぎからなので、午前中はいろいろとお店めぐりをする予定♪楽しみ楽しみ。


その3へ続く。
posted by さつこ at 22:22| 島根 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

食の旅

アガポ連動企画(勝手に)旅本紹介第2弾!

折りたたみ自転車で行くドイツロマンチック街道ひとり旅
『折りたたみ自転車で行くドイツロマンチック街道ひとり旅』
野村 芳弘

学校の先生をしている著者が折りたたみ自転車でドイツのロマンチック街道を旅した記録エッセイ。
この本を語る上でのキーワードは「食」と「迷う」です。
とにかく、よく道に迷い、よく食べています。レストランでごはんを食べておいしかったから、同じものをテイクアウトしてホテルに戻ってまた食べたりというのをよくしていました。この著者いわく、「ドイツのごはんは何を食べてもおいしい」そうです。うーむ、そうなのか。私はツアーだったからか、あまりドイツのごはんに良い思い出はないのですが・・・。そこまでおいしいと言われるとちゃんとした「ドイツごはん」を食べてみたくなります。でも、先日読んだ別のドイツ本には「ドイツのごはんはまずい」と書いてありました。いったいどちらが本当なのか。それはまたいつか行ってみて確かめるしかありませんね。

そしてこの著者はロマンチック街道を折りたたみ自転車で旅しようというなんとも勇気あふれる方です。旅行中も、同じ自転車旅行をしている人に折りたたみ自転車を見て驚かれたりしたそうです。折りたたみ自転車って、車輪が小さいからあまり進まないイメージがあって、旅行には向かない気がするんですが。でもそこがこの本のおもしろいところです。あと、すごくよく道に迷っていました。それもこれも最初に地図を買い損ねたことが原因なのですが・・。自転車旅行をするのに地図を買い損ねるって。。
真面目に書かれた本ですが、なかなかつっこみどころ満載でおもしろいです。このあとに、何冊か別のドイツ自転車旅行の本を読みましたが、これが一番おもしろかったです。


アガポ通販部、うれしいことにぼちぼちご注文いただいております!
ありがとうございます♪♪
これを機に、遠方の方にも読んでいただきたいです。気になる方はぜひに♪


そういえば、東京旅日記が一日目の途中で終わってました・・。
記憶がなくならないうちに早く続きを書かなければ。書きます。
次は東京日記でお会いしましょう。
posted by さつこ at 22:25| 島根 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

雪です。

090110.jpg

今日の松江は雪景色です。
ここ数年、タイヤを替えてもあまり必要ないことが多くて悲しかったのですが、今年は積もりました!!さっそくうきうきで雪道ドライブ。あくまでも安全運転で・・。
春にIKEAで買ったスキージーもようやく日の目をみました。なんと78円くらいだったので衝動買いしてしまいました。今まで文庫本くらいの小さな小さなスキージー(とも言えないようなもの)で雪をはらっていたので、とても便利でした。でも、欲を言えばもうすこし柄が長い方が良かった・・。屋根の天辺とかは、辛いものがあります。まあ78円だからしょうがないか。。


さてさて、アガポの通販詳細をアップしました。どうぞよろしくお願いします!
アガポのページに写真も載せてみました。こんな本です。全32ページ、読み応えたっぷりで、神戸の雑貨屋さんめぐりのガイドブックにもなるという優れもの。旅のおともにぜひ♪


今回のアガポで私が書いた文章にちなんで・・・
おすすめの旅本を毎回1冊ずつ紹介していきたいと思います。
第一回目はこちら。

ひとりたび1年生
『ひとりたび1年生』
たかぎなおこ著
(メディアファクトリー)

一番最近読んだ旅本です。
本というよりマンガですが・・。
一人旅初心者の著者たかぎなおこさんが、がんばって一人旅をした奮闘記です。最初は近場の鎌倉から。そして、善光寺の寺修行(?)とか、沖縄でダイビングのライセンスをとったりとか、個性的な旅をしておられます。しかも、それがおもしろおかしくマンガにしてあって、私も沖縄に一人旅したい!!と本気で思いました。
食べ物ネタも多くて(必ずビールも飲む)、お腹もすいてくるような一冊です。やっぱり、旅といえば食!ということで、食に関する話題が多い本が好きです。
たかぎなおこさんという方は初めて知ったのですが、他にもいろいろと著書があるようです。「ひとりたび2年生」が気になってます。
posted by さつこ at 00:27| 島根 ☁| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

そこそこの研究者には誰でもなれる

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします!

あっという間に6日もたってしまいました。
お正月休みは親戚の家に行ったり、なんやかんやで終わりました。
そして昨日から仕事・・・。現実です。あと3日がんばったら3連休だけど。


さてさて、明日はついに、「アガポ」4号の発売日です!!

090106.gif

artos、polka、Girlish各店にてお求めいただけます。それに加えて今回は通販もできますよ!また準備が出来次第お知らせします。遠方にお住まいで読んで見たいと思ってくださる素敵な方、ぜひこの機会に!!(おられるのかしら・・)
今回はおまけもついてます。各店先着30名様限定です。本当に本当にささやかですが、神戸にて買い求めた品でございます。通販では10名様限定です。
今までとはまたひと味違ったアガポをどうぞよろしくお願いします。



さて、今日のタイトルですが、昨日見たNHKの番組で、ノーベル賞を受賞された益川さんがおっしゃられた一言です。
学生達が益川さん、小林さんに対して質問をなげかけるのですが、それに対する益川さんの答え方がものすごく上手いのです!!いつもおちゃらけた感じの益川さんのひとつひとつの言葉に感動しました。

「私はUFOを見たのですが、友人に話しても誰も信じてくれません。お二人はUFOの存在を信じますか。」
これに対し、益川さん
「UFOらしき物体を見たとしても、それをUFOを断定できる明確な理由がない限りは信じない。もしかしたら自然現象かもしれないし、うんぬんかんぬん・・・」
確かに、ただ空を飛んでいる物体を見たからと言って、それがUFOであるという理由はどこにもないわけで・・。ただ飛行機じゃない物体=UFOのような思いこみがあるので凡人の私たちはすぐにUFOという考えに至ってしまうのだけど、きっと理系の研究者の方たちの多くは、そこに理由づけが必要なのでしょう。そういえば、森博嗣さんの小説の中にも、普通だったら流してしまいそうな事に対して主人公が理由づけをしている場面が良くでてきます。森さんも理系の大学の先生(しかも名大)だった方だからなんでしょうね。

続いて
「どうやったら世界的な研究者になれますか」
これに対し
「努力すれば、そこそこの研究者には誰でもなれる。そこから世界的な研究者になるには、努力だけじゃく、研究者のキャラクターなどが時代にあっているかが問題」
私は、この答えを聞いて、「そこそこの研究者にならなければ、世界的な研究者にもなれない。だからとにかくまずそこそこの研究者になるために努力をしなければいけないんだ。」というのが頭に浮かんで、なんでか感動してしまいました。それは実際に努力した益川先生だから言えることであり、すごく深い言葉です。
他にも「好きなことをするために、嫌いなこともある程度はがんばらないといけない。」とか、いちいち感銘を受けていました。
とりとめのない文章になってしまいましたが、私ももっと努力しないといけないなと、ノーベル賞受賞者の言葉で改めて思った新年の一日でした。
posted by さつこ at 00:32| 島根 ☀| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする