2009年12月24日

2009/11/6 長野旅2日目 その1[松本〜長野]

2日目。

起きたらまず温泉です。
朝風呂は温泉の醍醐味ですね。
また軽く角質を取って、露天風呂にゆっくりつかって・・。
次このお風呂に入れるのはいつのことでしょう。再来年世界選手権が長野であるからその時に来れるかな。まずは貯金かな。

朝食はバイキングで。バイキングといってもここのはそんじょそこらのバイキングではなく、種類豊富、味は美味ときているので、私は食べたいものをすべてとり、何皿にもなってしまいました。そこで料理人さんが目玉焼きとオムレツを焼いていたのですが、私はあまりにも他のおかずがありすぎて取れませんでした。それが心残り・・。

満腹になって、荷造りをして、駅までの送迎バスを待っていました。
送迎バスは10時ごろだったので割と時間をもてあましてしまいました。早めにロビーに降りると、会議をした風のサラリーマンたちがいて、この人たちもバスに乗るのかなと思っていました。が、結局乗り込んだのは私たち2人です。たった2人のためにバスを出してもらうのも悪いな・・と思いつつ、運転手さんもきっとお客さんが何人だろうと運転できたほうがいいに決まってる!と勝手に決め付けて、ポジティブに考えました。

道中、紅葉の松本城を見つつ。
R0013500.jpg

そして長野ゆきの鈍行列車の乗りこみました。
松本と長野は近いと思っていたけど、意外と遠くてなかなか着かないな〜と思っているうちに寝てしまい、起きたら長野近くでした。
隣の席に、外国人3人組(だったかな?)がいて、そのうちの一人が大声でまくしたてていたのが印象的でした。そうしたら、長野に着いたあと、別の場所でもその方たちに遭遇しました。

長野に着いたら、まずはホテルに荷物を預けに行きます。
今回値段重視で選んだホテルは駅から徒歩7分といったところでしょうか。割と歩きました。見た目は結構きれい、フロントもきれい。これは部屋も期待できます。とりあえず荷物をフロントに預けてさっそく出かけました。

そのへんを何度か行ったりきたりして、ベトナム料理のお店に入りました。
結構人気のようで、2階ある客席は満席でした。そして食べたかった日替わり定食は売り切れ・・・。気を取り直してベトナムのラーメンみたいなのを頼みました。
R0013502.jpg
初めて食べる味で、なかなかおいしかったです。姉が食べたタピオカの粉でできた麺も美味でした。


お昼ごはんも食べたし、バスに乗って、いざNHK杯会場のビッグハットに向かいます。


つづく



posted by さつこ at 14:15| 島根 ☁| Comment(0) | 0911長野旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べ物あれこれ

R0013661.jpg
遅くなりましたが、先日の土曜日のツバメの夜ごはんの写真です。
和風ビーフシチュー、野菜や肉が煮崩れるのが心配でしたが、なんとかみなさん形を保っておられました。味噌の隠し味でこくたっぷりです。シチューに味噌を入れるのお勧めですので、ぜひ試してみてくださいませ。

あと
09121912.P1020941.JPG
(写真はツバメブログからお借りしました)
今回クリスマスということで、クリスマスっぽいメニューを作りました。みなさんにかわいいと言っていただけてうれしかったです。が、これ実は先日アフタヌンティーでお茶したとき、クリスマス用のポップがこういう風な感じで作ってあって、とってもかわいかったのでアイディアを拝借しました。捨てるのがもったいないので、メニューだけど家に飾っております。
最近「工夫する」という気持ちを忘れかけていたので、久々にこういうちょっと凝ったことしてみました。自己満足かもしれませんが、こうしていろいろ作るのはやっぱり楽しいものですね〜。


さて、昨日おとといと、STORE ROOMさんで催されていた『Un mouton, 2 moutons cafe』に行ってきました。
R0013664.jpg
私が頼んだのは、「焼き菓子のおさら」(名前もかわいいです)と自家製ジンジャーエール。焼き菓子のお皿は、しっとりとしたバターケーキ(たぶん)とガレットとチーズのクッキーがのっていました。見た目にも楽しいです。そして味は相当おいしかったです!
ジンジャーエールは、生姜大好きな私にはぴったりの生姜の味がぴりりときいている大人の味でした。
どれもこれもおいしくて大満足だったのでした。
そして昨日、またまた行ってしまいました。
R0013665.jpg
今度はポンム・ド・テールというじゃがいもとホワイトチョコのケーキにしてみました。飲み物は昨日に引き続きジンジャーエールで。やはり美味です。
ケーキももちろん美味でした。しっとり、濃厚すぎず、甘すぎずあっさりしすぎずな絶妙なお味でした。
冷たい飲み物が陶器の器で出されるというのも新鮮でいいな〜と思いました。


食べ物つながりでもうひとつ

おんなのひとりごはん

今読んでいる、平松洋子さんの『おんなのひとりごはん』
エッセイかと思って読み始めたら、ストーリー仕立てでした。タイトルのとおり、女の人が一人でごはんを食べに行く短編集です。
読んでいると、あまりにもごはんの描写がおいしそうで、じゅるっとしてしまいそうになります。とんかつのさくっとした感じとか、鍋焼きうどんのあつあつはふはふな感じとか、読んでいるだけで目の前にごはんが目に浮かぶような。
おすすめの1冊です。



何かを検索しようとして偶然見つけたブログがあって、陶器(磁器?)でおもしろい器を作られる方で、それ以来たまに見ています。そのブログを今日見ていたら、親戚が松江か出雲におられて、去年の冬旅行に来られていて(おそらく東京の方)、とても気に入っていただいた様子だったのでうれしくなってしまいました。
そして今日、今度はキリンジのことを検索しようとしていてたどり着いたブログ、こちらはフィギュア好きの方でもありました。なんということでしょう!
偶然見つけたのになんだか縁があって、やっぱり世の中偶然に思えることも必然なのだろうかと思いました。

追記
なんと今日、キキキリンジを聞いていたら、先日mixiでたまたま見つけて、ブログをたまに見ていたカナダ在住のキリンジファンの方が投稿しておられました。びっくりです。
posted by さつこ at 10:51| 島根 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。