2009年12月28日

疲労困憊。

フィギュアの全日本選手権が終わりました。

つ、疲れた・・・。
見ているだけで本当に疲れました。

オリンピック代表に内定したみなさん、おめでとう!
女子は本当に激戦でした。スポーツナビでライブで結果を出していたのでずっとどきどきしながら見ていました。
真央ちゃんの演技が終わって、ノーミスでスタンディングオベーションだったと出て、心からほっとしました。真央ちゃんが復調してよかったです!
中野さんもいい演技だったようです(中野さんの演技はまだ見てないので)。これまで中野さんが努力してきたことを知っているだけに、それだけの演技をしても代表になれないということがすごく残念なのですが、五輪に出た人だけがすばらしい選手というわけではないので、彼女もたくさんの人の心に残るんじゃないかなと思います。
そして鈴木さんもすばらしかったです。いつもいつも、彼女の演技は観客をとりこにしてしまいます。こんな緊張する場面でさえも、そういう気持ちで演技していて、もう、スポーツを超えてるな〜と思いました。自分の演技に入り込んでいて、ひとつの世界を見せてくれるような数分間です。この演技を世界中の人に見てもらえると思うとうれしいです。
何年かまえ、0ポイントのところから小さい試合に地道に出続けて、ポイントを稼いで、ついにオリンピックにまで出れることは、「現代フィギュア界の奇跡」だね〜と話していました。
大ちゃんが手術から1年でここまで戻ってこれたこともまた奇跡だと思います。そんな奇跡が一度にふたつも見れるなんて幸せです。

オリンピックではみんながその人らしい演技をしてくれたらいいな〜と今からわくわくしています。

あと私がフィギュアを好きになったきっかけである村主さん、去年はモロゾフコーチについていて、演技スタイルや考え方も、う〜ん・・これはなにか違うな・・と思ってちょっと遠ざかっていたのですが、今年はコーチも変わって、私が好きで応援していたころの村主さんが戻ってきたようでうれしかったです。フリーの演技はジャンプこそ失敗しましたが、他の部分では十分魅せてくれました!
もう年齢的に難しいのかもしれないけど、本人の納得するまで続けていって欲しいなと今は思えます。



昨日急に欲しくなってあちこち探した漫画

おひとり様物語 1 (ワイドKC)

『おひとり様物語』谷川史子

この漫画が掲載されている雑誌を買っているので、ちょくちょく読んではいたのですが、今回の号に載っている話がとても良くて、前のも読みたくなりました。
おひとり様といっても、「彼氏がいずにひとり」という設定ではなく、いろんなシチュエーションでのおひとり様のお話です。まあそうはいってもおひとり様なので、共感できる部分もたくさんあって、特に今号掲載のはすごく切なかったです。
この漫画家さんは、私が小学生のころりぼんを読んでいた時にはりぼんで描いておられて、当時から他のりぼんの漫画とはちょっと違う、おしゃれで独特の世界感があって好きでした。

あと、同じ雑誌にたまに載っている『ワーキングピュア』もおもしろいです。

ワーキングピュア 1 (講談社コミックスキス)

いろんな状況で働くOLさんの話です。これも共感できる部分多数です。
これも今号に載っていた話がすご〜く切なかったです。(恋愛の話ではないですが)
歳のせいか、こういう漫画がおもしろく感じるんですよね〜。前は『花とゆめ』を愛読していましたが、さすがに年齢が・・・漫画が若かったです。漫画にも歳相応というのがあるんですね。
でも、本当におもしろい漫画は年齢を超えて楽しめると思いますが。


posted by さつこ at 13:13| 島根 ☔| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。