2014年03月25日

春のワンプレートごはん♪

4月の土ツバの詳細が決まりました〜。

『春のワンプレートごはんとマフィンの会』
◎4月12日(土)11:30〜19:00
◎喫茶室ツバメにて

春なので、何か新しいことをしたいな・・と、ない知恵をしぼって新企画です。


02.jpg

menu
★春のワンプレートごはん \1,200
・アスパラの豚ばら巻き マーマレードソース
・アボカドと玉子のポテトサラダ
・焼きのこのレモンパン粉かけ
・春野菜のサラダ
・れんこんのフライ
・さつまいもととうもろこしのポタージュ
・マフィン(2種類のうちどちらか1つ)
  白ねぎとベーコンのマフィン
  クリームチーズとミニトマトのマフィン
・パン
・生姜のアイスとミルクプリン いちごソースがけ
・珈琲または紅茶

このような内容となっております。
思わず食べたくなるような、目にも楽しいメニューにしたいと思って考えました。

アスパラの豚ばら巻きは、自家製マーマレードのソースでからめました。
ポテトサラダは私たちが大好きなアボカドをポテトサラダと合体させて、ゆで卵でこくをプラスしています。ヨーグルトベースでほんのりニンニク風味の、食欲をそそる一品。
マフィンは白ねぎとベーコン、クリームチーズとミニトマトからひとつお選びいただきます。どちらも捨てがたい組み合わせになっております!私は選べません・・・。(こちらは当日お選びいただきますが、どちらか一方がなくなった場合はこちらで種類を決めさせていただきますことをご了承ください。)
デザートは初登場の生姜アイスに、甘酸っぱいいちごソースをかけました。

03.jpg


ぜひぜひ、春のごはんを食べにいらしてください♪

★ご予約は以下の時間で承ります
TEL0852-24ー1620(喫茶室ツバメ)
@11:30〜13:00
A13:15〜14:45
B15:00以降でしたら何時でもお受けいたします。
C17:30〜19:00(少し早めのよるごはんにご利用ください)


posted by さつこ at 16:10| 島根 ☁| Comment(0) | 土曜日のツバメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

傷だらけ

もう土ツバから一週間以上・・。
毎月こんなこと言ってます。

先週末は土ツバ「北欧のごはん」にお越し頂きありがとうございました!
春のピクニック風ごはんは楽しんでいただけましたでしょうか。
来月も引き続き春っぽい感じにしようと思っています。詳細は後日♪

そして土ツバ後、かねてから楽しみにしていた「鶏の会」(勝手に命名)に行ってきました。
ツバメにほど近い「E.A.D」というお店で鶏の丸焼きが食べられるというので、このお店の常連の方に一緒に連れて行っていただいたのです♪
このお店は以前から知ってはいたのですが、バーだと思っていたので料理が食べられるとは思ってもいませんでした。ところが、最近周りで、ここの料理がすごくおいしいという噂をちょくちょく聞いていたので気になっていました。

IMG_1313.JPG

どーん。
鶏の中にザワークラウトが詰まっています。
いやはや、美味しかったです〜。
鶏もさることながら、他にも前菜・サラダ・魚料理・デザートが出て、全部美味しかったです。かなり美味しかったです!
それを全部一人で作って、皿洗いなども一人でテキパキとこなされていてすごいなーと思って見ていました。
みんなでわいわいお話も楽しく、鶏の会最高でした♪


そして他には

IMG_1298.JPG

三次のmugimugiというパン屋さんのパンを食べたり。
久々ハード系のパンをがっつり食べました。
ハード系より昔ながらのやわらかいパンが好きな年寄りのような私ですが、たまにはハード系もいいもんですね。


話は変わって・・・
昨年からKIRINJIに加入されたコトリンゴさん。
加入がわかってから1枚だけアルバムを借りて、何度か聴いていたのですが、かわいらしいカフェっぽい音楽だな〜という印象でした。
それが、最近またしっかり聴き直してみたら、思っていたようなかわいくてカフェっぽい音楽という第一印象とは違ってかなりしっかり骨太な音楽でした!独特の世界観です。
作詞作曲編曲プログラミング全部ご自身でやっておられるというからすごい〜。
そしてなんといってもピアノが素敵。

一気にアルバムを借りて聴き込んでます。一番新しい「ツバメノヴェレッテ」というアルバムはレンタルになかったので(他はレンタルですみません。。)購入。

IMG_1357.JPG

切り絵のジャケットも素敵。
童話のような、外国のアニメのような、そんなアルバムです。
ライブに行ってみたいな〜。

改めてこんな素敵な方がKIRINJIの一員てことがうれしいな♪



長々とすみませんが、先日1冊読み終わりました。

傷だらけの店長: 街の本屋24時 (新潮文庫) [文庫] / 伊達 雅彦 (著); 新潮社 (刊)
傷だらけの店長: 街の本屋24時 (新潮文庫) [文庫] / 伊達 雅彦 (著); 新潮社 (刊)

読んでいて胃が痛くなるような本でした。
本が好きってだけじゃ決して本屋にはなれないのですね。
私もちょっとですが本屋で働いて、見た目の華やかさとは真逆のそれはそれは大変な部分を見てきたので、余計に胃が痛かったです。
本読めていいね、って言われることがあるけど、ほとんど本読めないほど忙しかったです。。
そんな書店員さんたちのおかげで、大好きな本屋を楽しめていると思うと、ありがたい気持ちでいっぱいです。


posted by さつこ at 17:34| 島根 | Comment(0) | 読書メモ(エッセイその他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする