2010年05月09日

2009/11/6〜9 長野旅3〜5日目

R0013529.jpg
信州、といえばそば!てことで、先ほど下見したそば屋さんの中からなんとなくよさげな一軒に。

天ぷらがついたざるそば・・いわゆる天ざるを食べようと思って意気込んでいたのですが、メニューに天ざるはなく。。
どうしても天ざるな気分だったので、お店の人に「天ぷらを1本だけ注文することはできますか」と聞くと、なにやら厨房に戻って相談している様子。そして待つことしばし、「大丈夫です」とのこと。わ〜い♪天ざるだー!
R0013530.jpg
信州そば、とってもおいしゅうございました。

R0013526.jpg
↑善光寺の仲見世(って言うのかな)にいました。こういうの好きです。

その後、善光寺前からバスに乗り、ビッグハットへ。駅からはまた続々と乗ってきたので、善光寺から乗った私たちは座れてラッキー。

この日の観戦のこともあまり覚えていないので割愛させていただきます。

夜は昨日に引き続きホテル前のコンビニで買ったおでんと春雨スープ。このわびしいメニューも観戦の醍醐味(なのか?)。
意外にデイリーヤマザキのおでんが美味だったので満足。
そして前日の教訓をふまえて、湯船にお湯はためずシャワーのみですませました。湯船にためさえしなければ問題なかったです。


[4日目]
もうあまり観光するところも思い当たらないので、駅前のデパートで開催中の「ベーカリーファンタジスタ」へ。このネーミングがなんともいえず心惹かれる催し。長野市内と全国の有名(主に東京かな?)パン屋が一堂に集います。
デパートの開店は10時だけど、ファンタジスタは11時から。行くとこもないしどうする?とりあえず行ってみる?ということで、行ってみてびっくり。すでに長蛇の列!!パン恐るべし。日本人はなぜこんなにパンが好きなのか。どこでもパンの催しはすごいです。
私たちも慌てて列に加わりました。
そしてなんとか第一陣で会場に入ることができ、事前に配られたチラシをもとに、目星をつけてなんとか買うことができました。

戦場のような会場を後にして、バスに乗ってビッグハットへ。
先ほど買ったパンでおいしいお昼ごはん♪いやはやどれもうまい^^
パンで英気を養い、またまた観戦。

本日で全日程終了!長いようで短い3日間の観戦でした。
最終日の夜ごはんは事前にリサーチ&予約しておいた「だいだらぼっち」という駅近くの居酒屋。るるぶに載っていた、地元の食材を使った料理が食べられるというお店です。なにぶん、長野は不案内なので、いきあたりばったりだとチェーン店の居酒屋とかに入ることになりかねないので、せっかくだから地元の料理を食べたい・・と思い予約していました。ガイドブックに載っているお店なので、そこまで期待してなかったのですが、これが大正解!!信州牛や地鶏、地酒など、地元のものが豊富。そして雰囲気も◎。
3日間のお疲れ会ということで、ビールで乾杯。おいしい料理もたっぷりいただきました。EXILEみたいな店員さんオススメの地酒も飲んだりしてすっかりいい気分に。
最後の夜においしいものが食べれて大大大満足でした。
次長野に行ったらぜひまただいだらぼっちへ行きたいです!


[5日目]
今日は昼前には長野を出発して松江に帰ります。
お昼ごはんはデパ地下でおこわ弁当を買おうと決めていました。何年か前に長野にフィギュアを見に来た帰りもデパ地下でそのおこわ弁当を買って美味だったのです。何種類かのおこわを前に相当悩み、3種類にしぼりました。
そしてなぜか催し場で開催中の北海道展で試食しまくり、ふりかけのようなものを買いました。

R0013540.jpg
長野駅にいた善光寺参りキティ。かわゆい。

特急しなのに乗り込み・・・さっそくのごはんタイム。
R0013542.jpg
じゃーん。こちらがおこわ弁当(姉の)。私のは、悲しいことに松茸おこわを頼んでいたのに、なぜか違うおこわが入っていたのでした・・・。しばらくうちひしがれていました。でもまあおいしかったのと、松茸おこわは姉にひとくちもらったのでなんとか立ち直りました。おばちゃんなぜに間違えるかな・・・。

そんなこんなで6〜7時間電車にゆられ、無事に松江に戻ってきました。
あっという間の5日間。楽しいフィギュア観戦&長野松本観光でした。
次は東京の世界選手権に行けるかな?



posted by さつこ at 18:49| 島根 | Comment(0) | 0911長野旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

2009/11/6 長野旅2日目・3日目[松本〜長野]

ビッグハットゆきのバスはフィギュア観戦者と思われる人でぎゅうぎゅうです。そんなバスにゆられ、ビッグハットへ。

R0013504.jpg
以前来たのは5年くらい前でしょうか。そのときは全日本選手権、観戦代はタダでした!今では考えられません。

すみません・・・観戦については、詳しいことはあまり覚えてません。。
初日は全種目のSPが行われました。
途中でおにぎりを食べて、終わったらホテルに帰って春雨スープとおでんを食べるという悲しい夕食。でも夜遅くなるからしょうがないのです。

ホテルのお風呂で今日の疲れを癒して・・と思って、湯船に湯をためて入ってほかほかになりました。そしてお湯を流すと・・・・なんとユニットバスのトイレ側に排水溝からお湯があがって水浸しに。あわててバスマットで吸い取ってしぼり、吸い取ってしぼりを繰り返し、なんとか事を収集しました。
せっかくのお風呂タイムなのに湯船に入れないなんて。。まあ安宿だからしょうがない。


気を取り直し、明日は善光寺参りです〜。



[3日目]
お風呂の悪夢から一夜、さわやかな青空。
安いけど朝ごはんはついてます。メニューは、おかゆ(トッピング各種)・パン・コーヒー・オレンジジュースです。
私は3日連続おかゆを食べました。普通〜のおかゆだけど、トッピングがいろいろあってなかなか美味でした。
お風呂の件はあるけど、この朝食はなかなか良いかもです。

食べ終わったらさっそく出発。
R0013506.jpg
うらぶれた飲み屋街(?)の中を通って善光寺へ。
ホテルからてくてくと徒歩10分くらいでしょうか。観光には良い立地です。
前回は工事中だったので、ちゃんと中に入るのは初めてです。
R0013510.jpg

R0013513.jpg
ちょうど七五三のときでした。

善光寺の中で『お戒壇巡り』というのに挑戦しました。

『内々陣の奥、右側を進むとお戒壇巡りの入口があります。お戒壇巡りとは、瑠璃壇床下の真っ暗な回廊を巡り、中程に懸かる「極楽の錠前」に触れることで、錠前の真上におられる秘仏の御本尊様と結縁を果たし、往生の際にお迎えに来ていただけるという約束をいただく道場です。入口には、タイ国王より贈られた仏舎利(お釈迦様の御遺骨)とお釈迦様の像が御安置されています。』(善光寺HPより)

本当に真っっっ暗で、あちこちから「ちょっと〜何も見えない!!」とか「どこにいる!?」とかいう声が聞こえてきました。こんなに何も見えず真っ暗という体験は初めてで、結構怖かったです。

R0013521.jpg
そんな恐怖体験の後は、とある企業から寄贈された『善子さん・光子さん像』でなごみ、善光寺を後にしました。


朝早かったので、小腹がすいてきました。ので、目に付いたお土産やさんで、そば粉クレープを食べました。
R0013525.jpg
そこはおしゃれなお土産やさんで、自社開発らしきお土産がたくさんありました。信州産ハーブ塩購入。なかなかの美味でした。

まだ昼ごはんには早いので、お土産をいろいろと物色しつつ、昼に食べるそば屋の下見をしてうろうろと歩き回りました。
『八幡屋磯五郎』という唐辛子やさんが有名らしく、ここで家用に唐辛子購入。唐辛子MP3プレーヤーなんてのもありました!そば屋さんとか居酒屋とか、いろんな場所でここの唐辛子を使っていました。かなり有名なようです。

さて、そろそろ昼ごはんの時間です。


つづく
posted by さつこ at 17:43| 島根 ☁| Comment(0) | 0911長野旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

2009/11/6 長野旅2日目 その1[松本〜長野]

2日目。

起きたらまず温泉です。
朝風呂は温泉の醍醐味ですね。
また軽く角質を取って、露天風呂にゆっくりつかって・・。
次このお風呂に入れるのはいつのことでしょう。再来年世界選手権が長野であるからその時に来れるかな。まずは貯金かな。

朝食はバイキングで。バイキングといってもここのはそんじょそこらのバイキングではなく、種類豊富、味は美味ときているので、私は食べたいものをすべてとり、何皿にもなってしまいました。そこで料理人さんが目玉焼きとオムレツを焼いていたのですが、私はあまりにも他のおかずがありすぎて取れませんでした。それが心残り・・。

満腹になって、荷造りをして、駅までの送迎バスを待っていました。
送迎バスは10時ごろだったので割と時間をもてあましてしまいました。早めにロビーに降りると、会議をした風のサラリーマンたちがいて、この人たちもバスに乗るのかなと思っていました。が、結局乗り込んだのは私たち2人です。たった2人のためにバスを出してもらうのも悪いな・・と思いつつ、運転手さんもきっとお客さんが何人だろうと運転できたほうがいいに決まってる!と勝手に決め付けて、ポジティブに考えました。

道中、紅葉の松本城を見つつ。
R0013500.jpg

そして長野ゆきの鈍行列車の乗りこみました。
松本と長野は近いと思っていたけど、意外と遠くてなかなか着かないな〜と思っているうちに寝てしまい、起きたら長野近くでした。
隣の席に、外国人3人組(だったかな?)がいて、そのうちの一人が大声でまくしたてていたのが印象的でした。そうしたら、長野に着いたあと、別の場所でもその方たちに遭遇しました。

長野に着いたら、まずはホテルに荷物を預けに行きます。
今回値段重視で選んだホテルは駅から徒歩7分といったところでしょうか。割と歩きました。見た目は結構きれい、フロントもきれい。これは部屋も期待できます。とりあえず荷物をフロントに預けてさっそく出かけました。

そのへんを何度か行ったりきたりして、ベトナム料理のお店に入りました。
結構人気のようで、2階ある客席は満席でした。そして食べたかった日替わり定食は売り切れ・・・。気を取り直してベトナムのラーメンみたいなのを頼みました。
R0013502.jpg
初めて食べる味で、なかなかおいしかったです。姉が食べたタピオカの粉でできた麺も美味でした。


お昼ごはんも食べたし、バスに乗って、いざNHK杯会場のビッグハットに向かいます。


つづく

posted by さつこ at 14:15| 島根 ☁| Comment(0) | 0911長野旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

2009/11/5 長野旅1日目 その2[松本]

松本駅から歩くこと数分、開運堂に到着〜。

R0013481.jpg

おめあてのロボットソフトの味は今日は小倉。ううむ・・もっとさわやかなのが良かった。。
R0013478.jpg
ロボットソフトは売り場で専用コインを買ってから、それを機械に投入すると作ってくれます。
R0013479.jpg
鳥のデザインのロボット。雷鳥をイメージしているのでしょうか。
手馴れた様子でソフトを作るロボット。あっという間に出来上がり〜。
R0013480.jpg
味はというと・・思ったより良かった、というかおいしかったです。でも他の味が良かった〜(しつこい)。
ロボットを見ながらソフトを食べていると、誰も注文しない時はロボットがソフトを作るイメージトレーニングをしていておかしかったです。
途中、きれいなお姉さんが常連ぽい感じでソフトを買っていました。近くにこれがあったら通うのにな。

そしてソフトを堪能した後は開運堂でお土産選びです。
「白鳥の湖」というソフトクッキーはパッケージもお菓子自体もかわいくて、雑貨好きの間では結構有名かもしれません。味もほんのりシナモン味でほろほろっとしていて美味です。
他にも「ピケニケ」というかわいいカステラがあったり、なかなか素敵なお店です。松本にお越しの際はぜひ。

その後開運堂周辺のお店をぶらぶらめぐりました。松本城はもう2回行ったので今回はやめようという話になり、時間をもてあましました。私がネットで唯一調べていた、サニーサイドカフェ(だったかな)で時間をつぶすことにしました。
そこのカフェはちょっとおされっぽく、やたらメニューが多かったです。わりとお客さんも来て人気のようでした。

カフェで本を見ていたら、バスの時間が近づいてきたので松本駅に戻りました。
旅行で温泉に行くと、いつも時間が押して遅く入ったりしてもったいないな・・と思っていたので、今回は宿に早く到着することを目的にしていました。なので3時すぎの出発です。
途中松本城が見えて、まわりの紅葉がとてもきれいだったので、ぶらぶらしてないで行けばよかったと若干後悔しました。

今回泊まったのは、美ヶ原温泉ホテル翔峰という旅館です。
松本に来たら必ず泊まりたい旅館No.1です。結構大きな旅館なのですが、若い仲居さんたちもすごく感じが良く、料理もおいしくてなによりお風呂が広くてきれい!!お風呂が広くてきれいというのはかなりポイントが高いです。温泉宿ですから。
以前、ものすごくこだわった宿に泊まった時、確かにこだわりはわかるんだけど、料理もおいしいんだけど、お風呂が残念だったことがあるので、それ以来お風呂は選ぶポイントになっています。

R0013485.jpg
部屋からの眺め。南アルプスが見えます。

そして休憩もそこそこにお風呂へ。
相変わらず広くてきれいなおふろが私たちを待っていてくれました。最高です。
そこに、「エデンの東に出演の韓国人女優○○さん(誰か忘れた)ご愛用、角質がとれるジェル」が置いてあって、ためしに顔につけてくるくるしていたら、取れること取れること!!私の日々の洗顔はなんだったんだと思うくらいの角質が取れました。調子に乗って足や手などいろんなところの角質を取りました。

お風呂を満喫して、お手入れコーナーに行くと、そこにも先ほどのと同じシリーズのBBクリームやら化粧水やらがおいてありました。それは使いませんでしたが、遠く松本まできて韓国のものに出会うとはびっくりでした。

そして休む間もなく次は夕食へ。
ごはんも以前とてもおいしかったので期待していました。
まずは地ビールを頼んで乾杯。料理も次から次へと運ばれてきました。
R0013489.jpg
食べるのに必死で写真はほとんど撮れませんでした。
料理は不況のせいか、工夫をこらした創作メニュー的な感じになっていて、正統派旅館のお食事ではありませんでした。でも地元の食材がふんだんに使ってあって美味でした。量も十分。

夕食後は少し休んで再びお風呂へ。また角質を鬼のように取りました。取りすぎて顔がひりひりしてきて、これはやばい・・と思ってさすがにやめましたが。。
夜は「秘密の嵐ちゃん」をみながら昼間途中だった鍋つかみの続きをしました。今日できないと明日からが・・・と呪文のように言い聞かせながら必死で縫いました。最後は本当に眠かったけど、11時台のスポーツニュースでNHK杯のことがやるかと思って必死で目をあけながら、気力で起きていました。結局ニュースはやらず。でも鍋つかみはあと2つで完成です。明日の朝やろう。


2日目につづく
posted by さつこ at 16:25| 島根 ☁| Comment(0) | 0911長野旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

2009/11/5 長野旅1日目 その1[松本]

朝5時台のやくもに乗り込み、長野NHK杯観戦の旅に出発しました。
こんなに朝早いというのに水筒にコーヒーとお茶を入れて準備万端。それなのに、しょっぱなからコーヒーが水筒からもれだす事件が!!かばんの中がコーヒーびたしに・・。しばらくは必死でコーヒーを拭いていました。

コーヒー拭きがひと段落すると、『ふゆいろ展』に出品予定の鍋つかみの仕上げにとりかかりました。鍋つかみが仕上がってないと安心してNHK杯観戦ができないので、6時間も電車に乗ってるんだから絶対完成するはずと、大荷物になるのに道具一式を持って行きました。
そして縫い始めること数十分。やくもの揺れがあまりにもひどく、酔ってしまいました。。そりゃそうです、一点を見つめて縫わなければいけないんですから。そもそもやくもの中で縫おうというほうがおかしいのです。
グロッキーになった私はとりあえず寝ることに。
起きたら気分もほぼ治っていて、岡山の程近くでした。
ここで新幹線に乗り換えて名古屋まで。
新幹線の快適なこと!今までやくもでも酔ったことがなかったのであまり感じなかったけど、新幹線の偉大さを知りました。
そして作業再開。今度はさくさくと進みます。それでも名古屋まであっという間だったので半分もできませんでした。こりゃ旅館でするしかない。

名古屋でお楽しみの駅弁を物色。
以前食べたのと違うのを食べたくてずっと見ていたけど、どれも決め手に欠けているので選べません。姉がどこかに行っている間にも決めることができず一人うんうんうなっていました。結局えらんだのがこれ。
R0013475.jpg
味噌カツ&えびフライ弁当(半熟卵つき)です。

R0013473.jpg
姉はこちらのおかずの種類豊富な弁当にしていました。

そんなに味に期待していたわけじゃないけど、これは予想以上でした。。ふにゃけた衣が気持ち悪い〜。味噌カツと半熟卵合わんし!!
一気にテンションが下がりました。
これなら無難にとりめしにしとけば良かった。
姉の弁当はまずまずおいしかったようです。うらやましい。

そんなこんなで特急しなのに乗ること2時間半。松本に到着。
松本駅についてびっくり。駅がとってもきれいになっていました!
R0013476.jpg
前どんなだったかは思い出せないけど、こんなに近代的な駅ではなかったと。自動改札になっていました。松江と同じくらいの規模だと思っていたのに、追い越された気分でした。松江はもちろん駅員さんがスタンプを押してくれます。

松本での目的は温泉&開運堂というお菓子やさんでソフトクリームを食べておみやげを買うことでした。なのでさっそく開運堂に向けて出発。


次に続く
posted by さつこ at 17:23| 島根 ☁| Comment(0) | 0911長野旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする