2011年01月16日

愛媛〜高松旅日記2(2010/11/20)

お久しぶりの四国旅日記。旅の記憶がだんだん薄れつつあるのですが・・・。


旅館についた私たち、尾道の道の駅で買った「尾道プリン」を食べるかどうかで悩む。がしかし、やはりまだプリンの気分ではないので、ひとまず冷蔵庫にしまい、ライブに向けて出発。
と、その前に「道後やや」のお部屋を少し。
R0015473.jpg

R0015476.jpg
※疲れて横たわるpigeさんが・・・

R0015477.jpg
タオルは有名な今治タオルがセットしてありました。ふかふかです。


温泉街をてくてく歩いて、路面電車の道後温泉駅へ向かいます。
R0015479.jpg
その途中、これがよくテレビで見る道後本館です。趣があります。

R0015484.jpg
道後温泉駅到着〜。旅館から歩いてすぐでした。

R0015483.jpg

R0015481.jpg

R0015487.jpg
これは駅の前にある坊ちゃん時計?定刻になると人形が出てきたりします。

そんなこんなで写真を撮ったりしているうちに電車が来ました。
R0015488.jpg
「坊ちゃん電車」もあるのですが、そちらはちょっと金額が高いので普通ので。

R0015490.jpg

街の中心部と思われるところで電車を降り、目的地へ向かいます。
R0015491.jpg
商店街の感じといい、街全体の雰囲気といい、なんとなく岡山に似ているなーという印象でした。

ライブ前に行っておきたかったのが鍋焼きうどんのお店「アサヒ」。
pigeさんの持っていた本によると、松山独特の鍋焼きうどんが有名とのこと。アサヒではありませんが、「がんばっていきまっしょい」にも登場したらしいです。
R0015502.jpg
このうらぶれた雰囲気がなんともいえず。
このとき時間は4時半ごろだったでしょうか。私はおやつとして鍋焼きうどんを食べる気満々でした。が、pigeさんは少食のため「おなかと相談しながら食べるのでさつこちゃんは遠慮せず一人で食べてね」と言っており、どうやらうどんは一人で食べることになりそうです。
うどん以外に注文できるものがあれば一緒に入るけど、なければ私は他を見とくので・・と言われたものの、この店構えに怖じ気づき、ぜがひでも一緒に入ってもらいたい私。
おそるおそる扉をあけると、どうやら飲み物が頼めそう。ということで一緒に入店。良かった良かった。

R0015496.jpg
メニューはシンプルに、鍋焼きうどん、鍋焼き玉子うどん、いなりずし(完売していました)のみ。私は鍋焼き玉子うどんを注文。
写真を撮りながら待つことしばし。
R0015492.jpg

R0015494.jpg
不思議な座敷部分。

R0015495.jpg

そして鍋焼きうどんがきました。
R0015497.jpg
独特のアルミ鍋に入ったうどん。味は甘いです!今まで食べたことのない味の鍋焼きうどんでした。量もちょうどよく、ぺろりと完食〜。

腹ごしらえの後は、うどん屋の隣くらいにあった雑貨屋さんへ。
ここで雑貨の鬼・pigeさんの本領発揮。松山へ来てもやはりpigeさんの雑貨への執念は健在です。
なにやら玄関に飾られるであろう冬っぽい置物を買うかどうかで悩んでおり、妹に電話でとあることを確認した末、結局購入していました。(後日pigeさんの家に行ったら案の定玄関に飾ってありましたよ)
私はというと、いいかな〜と思うネックレスがあったものの結局やめました。私の財布のひもは固いのです。

雑貨屋を後にし、商店街を通ってライブハウスへ向かいます。
商店街を抜ける間際、古おもちゃ屋のような店の前に巨大なペコちゃん人形があり、pigeさんが「これいくらだと思う〜?」と金額を隠して私に質問。しかし、それを見ていた店の店主から「中もどうぞ」と言われ、やむなく入ることに。いや、入ったら入ったでおもしろかったんですけども。。いろいろなペコちゃんとか、昔のおもちゃとか。しばし楽しみました。


今度こそライブハウスへ。
「松山サロンキティ」というライブハウスです。着くとすでに人が並んでおり、並んでいる人に番号をききつつ私たちも列に加わりました。
今までみたキリンジライブの中で一番小さい会場かも!?これは近くで見れる!と興奮。
整理番号がそこそこ早かったので、前から4列目くらいの、泰行さんごしに高樹さんを見れるベストポジションへ。私の前に女子高生とお母さんらしき2人組がいました。こんな若いうちからキリンジのライブに来れるなんてうらやましいわ〜と思いつつ。
ワンドリンクのミネラルウォーターとか、ジャンパーとかあって荷物がものすごく大きい&重くてどうしようと思ったけど、ロッカーもなかったので持つしかないとあきらめ肩にかけていました。
時間より少し遅れて開演。わーーー、何年ぶりのキリンジ♪♪うれしすぎる!しかも近い!!なんてこと思っていると演奏が始まりました。
最初、楽器だけでしばらく合奏していたので何の曲かわからなかったのですがまずは「台風一過」から。2〜3曲目まではボーカルが固い感じでしたがご愛嬌で^^;「温泉街のエトランジェ」で肝心の温泉の名前が一瞬出てこないハプニングが!!せっかくの道後が〜〜。
そしてしばらくしてボイエンシーで一番好きな「セレーネのセレナーデ」。最後のながーいエンディングの部分、泰行さんがスティールパンを弾いて(叩いて?)いたのが私的にはツボでした。しかも目の前で〜♪しかし、pigeさんにとってはここは眠気との戦いだったらしく・・。確かにゆる〜〜〜い眠りにいざなうようなメロディではあるのだけど。私はここの部分が大好きなので永遠に続いて欲しかったです。
今回そのほかの曲でもスティールパンが多用されていて、全体的にぽわーんとした感じ(?)で良かったです。「愛のcoda」もスティールパンを使ったアレンジになっていたし。
途中、例の荷物がいよいよ肩にのしかかってきてライブに集中できなくなりそうだったので足の間に挟でおくことにしました。あと、前の女子高生がじわりじわりと後ろにさがってきたのですが、私はめげずに自分のポジションに居座りました^^;
そんなことに気をとられながら、ファンの間で話題の「都市鉱山」で盛り上がり、過去の曲もたっぷりやってくれて幸せな時間はあっという間に終わりに近づき・・・。「アンモナイトの歌」丁寧で静かな演奏。泰行さんのボーカルもきれい。
アンコールの「Drifter」と「愛のcoda」には泣きそうでした。
私は目の前におられたペダルスティールとその他の楽器いろいろを演奏していた田村玄一さんがすごくいいなーと思って見ていたのですが、pigeさんはベースの千ヶ崎さんがかっこよかったと^^私は全然ベースには注目してませんでした!残念。
帰りにグッズが売っていたのですが、今まで私はあまりグッズを買ったことがなかったのでその日もスルーしようと思っていました。するとpigeさんが「グッズはアーティストを応援する意味で私はいつも買うよ。しかもキリンジはバンドメンバーが多かったから余計に買ってあげた方がいい」というお言葉を。そうかー、そうなんだ。そうだよね!ということでTシャツを買いました。来年の夏に着ます!そしてこれからはグッズを買うようにしようと心に誓いました。
アンケートもしっかり書いて興奮気味に会場を後にしました。


つづく
posted by さつこ at 15:35| 島根 ☀| Comment(2) | 1011愛媛高松旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

愛媛〜高松旅日記1(2010/11/20)

もう愛媛旅から20日以上たってしまいました。ようやく旅日記の始まりです。


そもそも、今回の旅はキリンジのライブが目的でした。
いつもはライブは一人で行くのですが、ライブ好きの友人pigeさんに以前キリンジのCDを貸した時、悪くない反応だったので、もしかしたら誘ったら一緒に行ってくれるかも・・・と思い、誘ってみるとあっさりOK。せっかく行くなら旅行がてらってことで行き先は私が行ったことのない松山になりました。旅行決定から数か月の月日は流れ・・・ほとんど計画もしないまま旅行目前に。あわてて図書館でガイドブックを借りてきたり、手持ちの本を見たりしてようやくざっと行くところを決め、いざ当日!

7時過ぎに松江出発。
今回の旅はpigeさんの運転でドライブ旅行です。私の車にETCが付いていれば。。いつもpigeさんに甘えちゃってます。ということで、私は運転をがんばってくれるpigeさんのためにコーヒーとお茶を用意し、出発。もちろんBGMはキリンジです。
行きのルートは松江〜尾道〜しまなみ海道〜松山です。尾道までは下道で。渋滞もなく快適なドライブです。尾道に近くなったころ、トイレに行きたくなったため急遽道の駅によることに。ちょうど「クロスロードみつぎ」の看板があったので入ってみました。ここかなり賑わっておりました。お土産物も豊富!瀬戸内といえばかんきつ類が有名なので、本当に豊富なみかん・レモン系のお土産物が^^しょっぱなから財布のひもがゆるゆるになりそうでしたが、まだ先は長いのでちょっとだけ購入。
そして私がすばらしい発見を。かわいいオリジナルの瓶に入った尾道のお菓子屋さんのプリンです。もちろん2人とも購入。しかし、このプリンをいつ食べるか・・・・。とりあえず今は外で無料で配っていたわたがしを食べたいし、昼ごはんのあとのデザートにでもするか、と考えていました。
そして外で30代女子2人、わたがしをもらってほおばりました。わたがしなんて何年ぶり!下手すると小学校くらいから食べてないかも。大きなわたがしを完食し道の駅をあとにしました。

しばらくすると尾道到着〜。
R0015453.jpg
今回は通過しただけですが、とってもよさげな雰囲気。改めてまた来てみたいです!
尾道を通り過ぎ、ちょっとだけ道を間違えつつ、初・しまなみ海道です。
R0015458.jpg
天気も良くて気持ちいい♪「橋を通る時は左車線」というpigeさんのこだわりの話を聞きつつ景色を満喫。

途中の伯方島でお昼ご飯です。
R0015460.jpg
この伯方島、「伯方の塩」の伯方島です。おめあては塩ラーメン。まだ時間が早かったので食堂は空いていました。
R0015464.jpg
「こんなに入って700円」といううたい文句について議論しつつ。。
R0015461.jpg
塩ラーメン〜^^
澄んだスープが美味でした!おなかが空いていたのでぺろっと完食。この後デザートに塩ソフトもいけそう。pigeさんは私ほど大食いではないので、真剣におなかと相談しています。しかし、結局食べることに。
R0015466.jpg

R0015470.jpg
色はちょっと青っぽい塩ソフト。ほんのり塩味と甘味が相性◎。塩ラーメンに続き美味♪
食べながら景色も楽しんでいると
R0015465.jpg
一人で自転車旅行中の外国人さんに写真とってもらませんかと言われ、pigeさんが対応。
しかし逆光でうまく撮れず。それを英語で伝えたいのだけど「逆光」という英語がわからず。。。自分たちの英語力のなさにがっかりしました。この英語力のなさはまた後で思い知ることになるのですが。
あ、ここでも豊富で魅力的なお土産ものに財布のひもが緩みました。おいしそうなみかんジュースやレモンのゴーフルなどなど購入。


満喫の伯方島を出発。あとはひたすら松山をめざします!
2時半ごろにようやく松山に到着。休憩も入れ、約7時間かかりました。愛媛遠い〜〜。
pigeさん運転お疲れ様です。
とはいえ、まだ宿まで行かなければなりません。ナビはあるのですが、ちょっとだけレトロなやつなので^^;今回泊まる宿は載ってません。だいたいの場所を目指して走ります。道後温泉内のあやしげな通りを抜け、細〜い道を通り、今回の宿に無事到着しました。
今回のお宿は「道後やや」です。
実は最初私はできるだけ安い宿で・・・と考えてビジネスホテルを探していたのですが、pigeさんが「こんなところあるけどどう?」と聞いてきたこの宿がものすごく魅力的だったので、せっかく松山まで行くし、キリンジの新しいアルバムには「温泉街のエトランジェ」に道後温泉が出てくるし、道後温泉に泊まりたい!と思い、「うん、ここでもいいかも〜」という返事をしていました。とはいえまだ決定ではなかったので、保留にして、何日か後にやっぱりここにしようと決めてpigeさんに予約してもらいました。しかし、この宿は人気があり、もしかして満室になるかもと危惧したpigeさんは、なんと決定の前に予約しておいてくれたのです。案の定、決定した時には満室になっていたようで、pigeさん、いつものことながらグッジョブ!でした。
そんなエピソードもありつつ決まった道後ややにチェックイン。
R0015519.jpg
近くにはテレビでよく見る「道後本館」や「椿の湯」もあり便利です。


つづく
posted by さつこ at 17:25| 島根 ☔| Comment(0) | 1011愛媛高松旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする